育・子育て

父親としての子育て政策の実現を目指し

県内公立保育園での215名(H26)の待機児童を0名にします。

再チャレンジ

保育士の処遇改善により、保育士の確保を致します。

女性が安心して働ける保育サポート体制を確立します。

更にチャレンジ

日曜や夜間、病時の保育サポート体制を整備します。

放課後の居場所づくりを充実します。

更にチャレンジ

平成27年から学童保育が小4から小6に拡大されます。「子ども教室」、「児童クラブ(学童保育)」の連携により、学力向上の場としての活用、遊びの中で学ぶ子どもらしい居場所をつくります。

学校給食における地場産物活用を50%にし、食育教育を推進します。

再チャレンジ

参考/平成25年 39.7%

日本を誇れる歴史教科書を導入します。

NEWチャレンジ

子ども達に正しい歴史を学んでもらう。先ずは県立中学校で選定します。

親学習というべき「家庭の教育力向上プロジェクト事業」の充実を図ります。

更にチャレンジ

平成16年に私が提言し作成された「家庭教育ブック」を更に向上させ、親の意識改革を図ります。

県民と行政の協働による、子ども達にとって安心· 安全な地域をつくります。

更にチャレンジ

31年の茨城国体に向けて、アスリートの育成とスポーツ環境の充実を図ります。

NEWチャレンジ